プレスリリース

「世界的な規模の異常気象でバニラビーンズも不足!」【ドットコモディティ】

コモディティ専門情報サイト「Commodity Board(コモディティ・ボード)では、米国デリバティブ誌「Futures 」のWEB版「FUTURES MAG.COM」に記載されている、世界中の旬なマーケット情報やコラムについて、原文や日本語訳文をお選びいただき、ご覧になれます。
https://commodity-board.com/2011/05/futures-magazine.html

(8/16 更新)
アメリカの今年の干ばつは24年ぶりとも50年ぶりともいわれ、雨がなく干上がった大地に植えられたトウモロコシや大豆はちゃんと育つことができず枯れてしまっている地域が広がっているため、大幅減産と輸出に対する不安が広がっていることは衆知のとおり。

干ばつで品不足となっているのは大豆とトウモロコシだけに限らず、さまざまな農産物でも起こっている。最近、話題となっているのがバニラビーニーンズの品不足と、それに伴う価格高騰。バニラビーンズの1kg当りの価格は、最近5年間の平均価格25ドルから、一気に40ドル強まで値上がりし約2倍となっている。日本円換算では、1kg当り2000円から3300円まで高騰。

バニラビーンズの主要な原産国であるメキシコやインドが干ばつで大きく減産していることが背景にある。インドの干ばつはかり早い時期から継続しており、主要な農産物である砂糖(シュガーケーン)の減産なども懸念されている。インドより深刻なのはメキシコで、北米と同様な記録的な大干ばつでバニラビーンズのほとんどが枯れてしまい生産量は前年比90%も減っているとのことだ。

更に日本が輸入依存しているマダガスカル産も大きく減産している。今年、マダガスカル島はサイクロンによって島全体が壊滅的な被害を受け、同国からの輸出余力も大きく落ち込んでいるが、インドやメキシコと比べるとまだ少しは良いらしい。現在のバニラの世界在庫量の40%に相当する約1000トンが、マダガスカルから輸出されている状態で、バニラビーンズ市場は供給余力が極端に落ち込み大混乱に陥っている様子である。結果的に、メキシコを中心に3大生産国ともに減産となり世界的にバニラの供給不足に陥っている。

気になるのは、まだまだ今後も不安定な気象状況が続きそうであるため、それに伴い世界的な規模でさまざまな農産物が異常気象に見舞われて減産のリスクを抱えたままで推移することになりそうな点である。

気象庁は先週末の10日に2年ぶりに「エルニーニョ現象」が発生したとみられる、と公表。世界的に食料供給への不安が高まる中、オーストラリアからインドまでの広い地域で、農産物生産が更に打撃を受ける恐れが出ている。「エルニーニョ現象が発生した可能性が高い。冬まで持続することになりそうだ。もしエルニーニョ現象が強ければ、オーストラリアやアフリカの一部、東南アジア、インドが干ばつに見舞われる可能性がある」との見解を示した。

大豆、トウモロコシ、バニラビーンズに続き、今後も小麦やコメなどの農産物なども日照りによる大幅減産の危険性がある。

(※)オンラインの商品マーケット解説番組「Commodity online .tv」は、毎日、お昼12:30から放映しています。http://commodityonlinetv.com/

============================================================
(本レポート筆者のご紹介)
「小針秀夫氏」
トーキョートレーダーズタイムズ代表取締役
東京工業品取引所日報編集長を経て、2001年にトーキョートレーダーズタイムズを設立。
現在は「コモディティ・ジャーナリスト」として各メディアで活躍中。

1)本レポートは、ドットコモディティ株式会社が信頼出来ると判断した情報源から入手した情報に基づいて作成しておりますが、レポートに記載されている情報が正確であるとの保証は致しかねます。情報に関し不完全な場合もございます。本レポートに記載する価格、数値等は、過去の実績値、概算値、もしくは将来の予測値であり、実際の数値とは異なる場合があります。本レポートは将来の結果をお約束するものではございません。また本レポートに記載されている情報をいかなる目的で仕様される場合におきましても、お客様の判断と責任において使用されるものであり、本レポートにある情報の使用による結果についてドットコモディティ株式会社が責任を負うものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。

2)本レポートに記載されている内容の著作権は、原則ドットコモディティ株式会社に帰属いたします。本レポートにおいて提供されている情報に関してドットコモディティ株式会社の承諾を得ずに当該情報の複製、販売、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。


<会社概要>
会社名 : ドットコモディティ株式会社(http://www.commodity.co.jp/
所在地 : 東京都渋谷区恵比寿1-21-8 セラ51 ビル6F
代表者 : 舟田 仁(じん)
資本金 : 18 億9,999 万円
事業内容:
1、商品先物取引法に基づく、商品デリバティブ取引およびそれに付随する業務
2、金融商品取引法に基づく、金融商品仲介業務およびそれに付随する業務
3、システム提供サービス及び上記1、2に付随するサービス提供業務



【付帯情報】
・「世界的な規模の異常気象でバニラビーンズも不足!」
http://itm.news2u.net/items/output/102053/1


News2uリリース詳細へ


Copyright(c) News2u Corporation All Rights Reserved.
企業情報
社名 ドットコモディティ株式会社  [ 企業HP ]
所在地 150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-21-8セラ51ビル6階
会社概要  国内商品先物取引およびそれに関連する業務                                          
海外商品先物取引およびそれに関連する業務
 店頭商品デリバティブ取引(CFD、スワップ、オプションなど)
 貴金属積立ならびに貴金属の売買に関連する業務
金融商品仲介業およびそれに関連する業務

最新一週間のプレスリリース


gooビジネスEXについて
RSS
サービス案内
サイトマップ
コラム提供元一覧
プレスリリース提供元一覧NEW
新着ニュースリリースRSS
企業情報(約2,000社)追加
新着・おすすめ
ニューズウィークニューズウィークNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集をしてお届け
MONEYzineMONEYzine株式投資やFX、税金、経済知識、節約術まで、最新の話題を気鋭の執筆陣がわかりやすく解説
MarkeZineMarkeZineネットマーケティングとコミュニケーションの最前線を豊富な記事やニュースで多角的に紹介
WirelessWire NewsWirelessWire News世界のモバイル/テレコム状況を正確に捉えることで、新しいマーケットを再構築するためのヒントをタイムリーにご提供
FOOD STADIUM ニュースFOOD STADIUM ニュース東京の飲食トレンド、アーリーステージの飲食店経営者、飲食店に関わる 全てのクリエイターに役に立つ情報を発信
ニューストピックス
gooオススメ
goo節電・電力
最新の電力に関わるニュース、節電方法をお届け
goo自動車&バイク
中古車 中古バイク 新車情報 自動車ニュース
goo進学&資格
資格取得や趣味の講座など幅広い「学ぶ」情報を掲載
goo求人&転職
あなたの転職活動、バイトライフを応援
環境goo
暮らしの情報から企業の活動、国際的な動向まで、環境情報の総合サイト
日経goo
日経とgooのビジネス情報サイト
goo住宅・不動産
全国の不動産・賃貸情報から地域情報まで
gooヘルスケア
「うつ」は他人事と思っていませんか?
ビジネスgoo
低価格なASPグループウェア
gooサービス