コラム|プロが教えるコーチング 第27回 なぜ、伝えたことをやってくれないのか シニアエグゼクティブコーチ・石丸健一


「指示したことを、部下がやり忘れる」
「返事はいいけれど、改善行動を起こさない」

このような話を企業のマネジャーから聞く機会が
最近増えてきているように思います。

その理由をマネジャーに尋ねると、

「本人の意識の低さでしょう。」
「仕事に対するやる気の問題です。」

といった答えが返ってきます。

しかし、果たして理由はそれだけなのでしょうか?
マネージャーの対応によって、その部下の行動を
改善することはできないのでしょうか?

未来にやろうとしている行為の記憶のことを【展望記憶】といいます。
そして、やろうと思っていたことを忘れてしまうことが【展望記憶の失敗】です。
やらなければいけないタイミングで、うまくそのことが想起されないと、
【展望記憶の失敗】が起こる可能性があります。

【展望記憶の失敗】が部下に起こることを回避させ、
【展望記憶】を成功させるにはどうしたらいいでしょうか?

心理学者のクルト・レヴィンは、記憶の想起に関して、

『自らのなかに満たされない意図が存在すると、心の中に緊張が生じ
それが、後のその意図を思い出す可能性を高めている』と、述べています。

これを【緊張説】といいます。

わかりやすく言いかえれば、何かの目標を達成したいという欲求の存在が
心に緊張をもたらし、その目標を達成するために必要な行為を
実施することを思い出させるということです。

ということは、部下に意味づけもせずに「ただやれ」というだけでは、
心の緊張をつくり出せない。
つまり、部下は【展望記憶に失敗】する。

なぜやってほしいのか、
やることで部下にとってチームにとってどんなメリットがあるのか、
短くでもそれを伝えたり、考えさせたりすることが
必要だということがわかります。


  • ソーシャルブックマークに追加:
  • gooブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlに追加
  • livedoorクリップに追加
  • FC2ブックマークに追加
  • newsingに追加
  • イザ!に追加
  • deliciousに追加

プロが教えるコーチング  


gooビジネスEXについて
RSS
サービス案内
サイトマップ
コラム提供元一覧
プレスリリース提供元一覧NEW
新着ニュースリリースRSS
企業情報(約2,000社)追加
新着・おすすめ
ニューズウィークニューズウィークNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集をしてお届け
MONEYzineMONEYzine株式投資やFX、税金、経済知識、節約術まで、最新の話題を気鋭の執筆陣がわかりやすく解説
MarkeZineMarkeZineネットマーケティングとコミュニケーションの最前線を豊富な記事やニュースで多角的に紹介
WirelessWire NewsWirelessWire News世界のモバイル/テレコム状況を正確に捉えることで、新しいマーケットを再構築するためのヒントをタイムリーにご提供
FOOD STADIUM ニュースFOOD STADIUM ニュース東京の飲食トレンド、アーリーステージの飲食店経営者、飲食店に関わる 全てのクリエイターに役に立つ情報を発信
価格.com トレンドニュース価格.com トレンドニュース価格.comのアクセス数・クチコミから、デジモノ市場の最新トレンドや消費者の購買動向を解説
ニューストピックス
gooオススメ
goo節電・電力
最新の電力に関わるニュース、節電方法をお届け
goo自動車&バイク
中古車 中古バイク 新車情報 自動車ニュース
goo進学&資格
資格取得や趣味の講座など幅広い「学ぶ」情報を掲載
goo求人&転職
あなたの転職活動、バイトライフを応援
環境goo
暮らしの情報から企業の活動、国際的な動向まで、環境情報の総合サイト
日経goo
日経とgooのビジネス情報サイト
goo住宅・不動産
全国の不動産・賃貸情報から地域情報まで
gooヘルスケア
「うつ」は他人事と思っていませんか?
ビジネスgoo
低価格なASPグループウェア
gooサービス