東洋経済オンライン

非情な世界を勝ち抜いた松山英樹の「無心」 「邪念」に変わったファウラーの優美な想い

2016年2月10日

米男子ゴルフツアーのフェニックス・オープンで松山英樹がリッキー・ファウラーとの4ホールに渡るプレーオフを制し、米ツアー2勝目を挙げた。

最終日、2人はともに首位から3打差の2位タイでスタートしたが、序盤から首位に4~5人が並ぶ大混戦へもつれ込んだ。そして後半は、ファウラーの小技の冴えが光り、上がり3ホールを迎えたときは、ファウラーが単独首位、松山は2打差の2位だった。

キツネにつままれたような出来事

流れが変わったのは71ホール目の17番。1オン可能な短いパー4が分岐点になった。ドライバーで打ち放ったファウラーの第1打はピンフラッグをめがけて飛んでいった。

「完璧なスイング、完璧なショットだった」と、ファウラー自身、最高の手応えを感じ取った。が、ボールはグリーンをオーバーし、奥の池へ転がり込んだ。それは、まるでキツネにつままれたような出来事だった。

「フロントエッジまで304ヤード。グリーン奥のバンカーまででも330ヤードあった。それに、僕はややカット気味に打ったのだから、360ヤードも転がって池まで転がり込むなんて……不運としか言いようがない。思った通りにライン通りに打ち出し、完璧にショットした。でも、バックファイア(逆火)が起こった」

痛恨の一打を、ファウラーはそう振り返った。ファウラーのボールが池に消えたとき、松山は何を思ったのか。

「最初はバンカーかなと思った。(池だと知って)びっくりしたけど、自分がやるべきことは(17番、18番を)バーディー、バーディーで上がることだと思った」


続きは 東洋経済オンライン で


Copyright Toyo Keizai, Inc., all rights reserved.

東洋経済オンライン  


gooビジネスEXについて
RSS
サービス案内
サイトマップ
コラム提供元一覧
プレスリリース提供元一覧NEW
新着ニュースリリースRSS
企業情報(約2,000社)追加
新着・おすすめ
ニューズウィークニューズウィークNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集をしてお届け
MONEYzineMONEYzine株式投資やFX、税金、経済知識、節約術まで、最新の話題を気鋭の執筆陣がわかりやすく解説
MarkeZineMarkeZineネットマーケティングとコミュニケーションの最前線を豊富な記事やニュースで多角的に紹介
WirelessWire NewsWirelessWire News世界のモバイル/テレコム状況を正確に捉えることで、新しいマーケットを再構築するためのヒントをタイムリーにご提供
FOOD STADIUM ニュースFOOD STADIUM ニュース東京の飲食トレンド、アーリーステージの飲食店経営者、飲食店に関わる 全てのクリエイターに役に立つ情報を発信
ニューストピックス
gooオススメ
goo節電・電力
最新の電力に関わるニュース、節電方法をお届け
goo自動車&バイク
中古車 中古バイク 新車情報 自動車ニュース
goo進学&資格
資格取得や趣味の講座など幅広い「学ぶ」情報を掲載
goo求人&転職
あなたの転職活動、バイトライフを応援
環境goo
暮らしの情報から企業の活動、国際的な動向まで、環境情報の総合サイト
日経goo
日経とgooのビジネス情報サイト
goo住宅・不動産
全国の不動産・賃貸情報から地域情報まで
gooヘルスケア
「うつ」は他人事と思っていませんか?
ビジネスgoo
低価格なASPグループウェア
gooサービス