東洋経済オンライン

広告代理店が高級ブランドに熱を上げるワケ ネットメディアが利益は二の次で熱視線

2016年2月6日

大手エージェンシー(広告代理店)たちにとって、贅沢品や高級品などを取り扱うラグジュアリーブランドは魅力的なものだ。多くのエージェンシーがラグジュアリーブランドを担当する中小代理店を買収しているが、利益目的のために買収しているのではない。そのクライアントである、ラグジュアリーブランドの気品や高い評判を買おうとしているのだ。

2016年の1月7日、広告世界2位オムニコム傘下のBBDOがウェンズデー・エージェンシー・グループ(Wednesday Agency Group)の株式を半数以上取得すると発表した。ウェンズデー・エージェンシー・グループはトリーバーチ(Tory Burch)やセオリー(Theory)など、多くのラグジュアリーブランドのエージェントを担当している。

ウェンズデー・エージェンシー・グループの共同設立者であるイェンス・グレーデ氏は、今回のBBDOによる株式の買収について、より深いデータとより高い分析能力をもつ大企業と提携するチャンスだと捉えているという。BBDOにとっては、魅力的なラグジュアリー市場に参入するチャンスだ。

新規参入が難しい業界

「大手ネットワークエージェンシーたちは、いまだこのラグジュアリー市場で成功していないが、それは努力をしてこなかったからということではない」と、グレーデ氏は米DIGIDAYに対して語った。彼によると、常に商品を変化させることができて、この狭い業界で成功したいと願うエージェンシーだけが成功できるという。

「独特な風習や、業界ルールが多く存在する小さな業界だ」と、フランスのパリに拠点を構えるラグジュアリーショップ(小規模代理店)「セイム・セイム・バット・ディッファレント(Same Same But Different)」の設立者であるミシェル・カムパン氏は話す。


続きは 東洋経済オンライン で


Copyright Toyo Keizai, Inc., all rights reserved.

東洋経済オンライン  


gooビジネスEXについて
RSS
サービス案内
サイトマップ
コラム提供元一覧
プレスリリース提供元一覧NEW
新着ニュースリリースRSS
企業情報(約2,000社)追加
新着・おすすめ
ニューズウィークニューズウィークNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集をしてお届け
MONEYzineMONEYzine株式投資やFX、税金、経済知識、節約術まで、最新の話題を気鋭の執筆陣がわかりやすく解説
MarkeZineMarkeZineネットマーケティングとコミュニケーションの最前線を豊富な記事やニュースで多角的に紹介
WirelessWire NewsWirelessWire News世界のモバイル/テレコム状況を正確に捉えることで、新しいマーケットを再構築するためのヒントをタイムリーにご提供
FOOD STADIUM ニュースFOOD STADIUM ニュース東京の飲食トレンド、アーリーステージの飲食店経営者、飲食店に関わる 全てのクリエイターに役に立つ情報を発信
ニューストピックス
gooオススメ
goo節電・電力
最新の電力に関わるニュース、節電方法をお届け
goo自動車&バイク
中古車 中古バイク 新車情報 自動車ニュース
goo進学&資格
資格取得や趣味の講座など幅広い「学ぶ」情報を掲載
goo求人&転職
あなたの転職活動、バイトライフを応援
環境goo
暮らしの情報から企業の活動、国際的な動向まで、環境情報の総合サイト
日経goo
日経とgooのビジネス情報サイト
goo住宅・不動産
全国の不動産・賃貸情報から地域情報まで
gooヘルスケア
「うつ」は他人事と思っていませんか?
ビジネスgoo
低価格なASPグループウェア
gooサービス