東洋経済オンライン

BPO委員長、「政府の放送法解釈は間違いだ」 NHK「クロ現」過剰演出への政府対応に物申す

2016年2月5日

BPOの放送倫理検証委員会の川端和治委員長。NHK「クロ現」過剰演出問題の意見書で、政府や自民党に対し「あなたがたの放送法の解釈は間違っている。本当はこう読むのが正しい」と正論で解説した。

BPOの委員長はこれまで表に出なかったが、今回は新聞各社の単独取材にも積極的に応じ、並々ならぬ「覚悟」を示す。そのわけは?

総務省による行政指導は、放送法の正統的な解釈から言っておかしい。しかも行政指導は委員会が発足した2007年から総務大臣はしてないし、局長クラスも2009年からしていない。それが急に復活した。

放送について許認可権限のある官庁の行政指導は放送現場を萎縮させる効果があまりに強いので、BPOが放送倫理の水準を守るのを見守るべきだと意見書で言った。放送法の解釈をあれだけ書いたのは初めてだが、総務省の解釈と違って、放送局が自主的・自律的に是正することこそが求められており、その手段としてBPOが作られたので、それが放送法の趣旨にかなっていることを説明したいと思った。

BPOは純然たる任意団体

NHKが調査報告書を発表した即日、総務大臣名で行政指導した。これはやり方自体が違う。調査報告書が出たその日すぐというのはこれまでない。BPOの意見は、総務省の行政指導とは立場が違うし、効果も違う。向こうは放送法、電波法の権限を背景にし、こちらはそんなものは何もない。ただ放送倫理の自主的・自律的な向上を目指して作った純然たる任意団体だ。

とかくBPOの放送倫理検証委員会が、放送倫理をうるさく言うことで現場を萎縮させて表現の自由を狭めていてケシカランと言われるが、それは間違いで誤解だ。我々はむしろ表現の自由を守る立場からいろいろ助言し、改善のための意見を述べている。その意見の内容が、制作現場の人々にも、なるほどもっともだと受け止めてもらえることで、はじめて意味がある組織なのだ。


続きは 東洋経済オンライン で


Copyright Toyo Keizai, Inc., all rights reserved.

東洋経済オンライン  


gooビジネスEXについて
RSS
サービス案内
サイトマップ
コラム提供元一覧
プレスリリース提供元一覧NEW
新着ニュースリリースRSS
企業情報(約2,000社)追加
新着・おすすめ
ニューズウィークニューズウィークNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集をしてお届け
MONEYzineMONEYzine株式投資やFX、税金、経済知識、節約術まで、最新の話題を気鋭の執筆陣がわかりやすく解説
MarkeZineMarkeZineネットマーケティングとコミュニケーションの最前線を豊富な記事やニュースで多角的に紹介
WirelessWire NewsWirelessWire News世界のモバイル/テレコム状況を正確に捉えることで、新しいマーケットを再構築するためのヒントをタイムリーにご提供
FOOD STADIUM ニュースFOOD STADIUM ニュース東京の飲食トレンド、アーリーステージの飲食店経営者、飲食店に関わる 全てのクリエイターに役に立つ情報を発信
ニューストピックス
gooオススメ
goo節電・電力
最新の電力に関わるニュース、節電方法をお届け
goo自動車&バイク
中古車 中古バイク 新車情報 自動車ニュース
goo進学&資格
資格取得や趣味の講座など幅広い「学ぶ」情報を掲載
goo求人&転職
あなたの転職活動、バイトライフを応援
環境goo
暮らしの情報から企業の活動、国際的な動向まで、環境情報の総合サイト
日経goo
日経とgooのビジネス情報サイト
goo住宅・不動産
全国の不動産・賃貸情報から地域情報まで
gooヘルスケア
「うつ」は他人事と思っていませんか?
ビジネスgoo
低価格なASPグループウェア
gooサービス