ビジネスシーンで役立つ、色彩心理マジック (第3回)ストレス打破! リラグゼーションカラーの「青緑」と「ベージュ」

2008年9月16日

●イメージアップの手助けをするコミュニケーションカラー

ここのところ、私のパソコンの調子が悪く、メールをなかなか開けなかったり、インターネットも肝心なところでフリーズしたりと、こんなことがあると、急を要する時にはかなりイライラします。

メーカーに原因を尋ねようとカスタマーセンターに電話をすると、電話口では保留音が流されたまま15分近く待たされる始末。そのわりには満足のいく回答も聞けず……。IT機器に弱い私には、かなりのストレスを強いられます。

日常生活を過ごしていれば、大なり小なり、さまざまなストレスの要因はあるものです。仕事や対人関係での問題、金銭問題……人の数だけ、ストレスの数もあると言っていいほどでしょう。最近は特に職場でのメンタルヘルスが悪化しており、うつ病など心の病が原因で休職や退職をするケースが増加しています。

独立行政法人「労働者健康福祉機構」が全国20ヶ所の労災病院で実施する「勤労者心の電話相談」のまとめでは、相談件数は前年度より17%増えており、 2000年に開設して以来、年々増加しているようです。その原因の主な理由は職場での人間関係だそうです。なかでも、「上司との人間関係」がトップで、次いで「同僚との人間関係」ということです。ちなみに「社内いじめ」は前年より減少したとのこと。同機構のセンター長によると、「リストラで人が減り、仕事量、質ともに負担が増えたため、職場での人間関係をぎくしゃくさせ、不眠を訴える人も急増しており、過重労働の結果として見逃せない」と分析しています。

現実社会の中で、不満や不安を抱えながら日々の生活を送っている私たちですが、このようなストレス社会から逃れられないのも現実です。

そこで今回はストレスを打破する「色の使い方」をご紹介します。

ストレス打破の手助けをするリラグゼーションカラー

●『不眠解消のヒヤシンス!』 催眠効果を高める色

ヒアシンス枕人間にとって、最大の休息は睡眠です。どんな鉄人でも有能な人でも、睡眠を取らずにその才能や力量を発揮することはなかなか難しいもの。まずは人間の基本的な欲求である睡眠を満たしていないと、円滑に作業や業務を行えません。

心の病の初期症状も、不眠からはじまることが多いのです。

それでは、睡眠促進にはどんな色が良いかといえば、ブルー系統の色なのです。

青や緑などの寒色系の色は、自律神経の副交感神経に働きかけることによって、血圧・脈拍・呼吸数などを低下させる働きがあり、精神安定効果やリラックス効果があります。特に青は沈静力が高く、興奮やイライラを鎮めるにはうってつけの色。

人間はストレスやイライラなどを抱えている際には興奮状態にあり、神経も過敏に、高ぶった状態になります。このような状態では催眠状態にはなりません。

脳波でも、リラックス状態を示すα波が出現することで催眠が促されます。ブルー系統の色は、脳波の状態もα波に誘導してくれる作用があります。ですから不眠の際にはこれらの色を寝室や寝具に取り入れることをお勧めします。同じ青でも濃い青よりやさしい感じのするヒヤシンスの方が、筋肉をリラックスさせてくれます。そして青のなかに紫の要素が少し入っていることも、この色を選んだ理由です。紫は青とはまた違った精神面の癒し効果を持っています。睡眠は肉体的であると同時に精神世界と密接な関係を持っている行為なので、ヒヤシンス色は安眠カラーに最適な配色だといえます。

不眠でお悩みの方には、枕カバーをヒヤシンスにしてみてはいかがでしょう。






ビジネスシーンで役立つ、色彩心理マジック  


木下代理子(きのした・よりこ)
カラーセラピー研究所 所長

【経歴】
吉本興業にて異色タレントとして活動の傍ら色彩と深層心理分析を研究し、クレヨンを使って心理分析を行うカラーカウンセリング法、ヒューマンカラーカウンセラー(国際特許)の資格を取得。また、1999年に特許庁より「Color Floral Therapist」の商標を得て、花を使ったセラピーを確立。タレント活動卒業後、本格的に色彩研究家として個人のカウンセリング、学校や企業の人材教育研修やセミナー・講演会で多数の講演を行うほか、カラーコンサルや養成講座も行っている。
日本色彩学会 正会員、日本臨床心理学会 正会員
【著書】
『色だけで強運になれる技術~仕事、恋愛、お金も思いのままの色彩心理学~』(PHP研究所)
『色で変わる人間心理~32の成功法則~』(実業之日本社刊)
『「色の心理」なるほど辞典』(実業之日本社・9月発刊)
【公式ホームページ】
木下代理子のカラーカウンセリング

木下代理子

東洋経済オンライン
公式サイト  |  定期購読

東洋経済オンラインは、東洋経済新報社が保有する雑誌・刊行物発のコンテンツ、ならびに企業・投資関連データベースを提供するWebサイトです。東洋経済の保有する コンテンツの中核をなす企業情報をテーマに「ビジネス」「マネー」「ライフ」にカテゴリ分類。
企業戦略、経営実務などビジネスマン必見の情報はビジネス、企業ファンダメンタルや投資情報はマネー、教育、就職、趣味・教養、その他社会・生活全般についてはライフ・カテゴリに掲載しました。

東洋経済オンライン

gooビジネスEXについて
RSS
サービス案内
サイトマップ
コラム提供元一覧
プレスリリース提供元一覧NEW
新着ニュースリリースRSS
企業情報(約2,000社)追加
新着・おすすめ
ニューズウィークニューズウィークNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集をしてお届け
MONEYzineMONEYzine株式投資やFX、税金、経済知識、節約術まで、最新の話題を気鋭の執筆陣がわかりやすく解説
MarkeZineMarkeZineネットマーケティングとコミュニケーションの最前線を豊富な記事やニュースで多角的に紹介
WirelessWire NewsWirelessWire News世界のモバイル/テレコム状況を正確に捉えることで、新しいマーケットを再構築するためのヒントをタイムリーにご提供
FOOD STADIUM ニュースFOOD STADIUM ニュース東京の飲食トレンド、アーリーステージの飲食店経営者、飲食店に関わる 全てのクリエイターに役に立つ情報を発信
ニューストピックス
gooオススメ
goo節電・電力
最新の電力に関わるニュース、節電方法をお届け
goo自動車&バイク
中古車 中古バイク 新車情報 自動車ニュース
goo進学&資格
資格取得や趣味の講座など幅広い「学ぶ」情報を掲載
goo求人&転職
あなたの転職活動、バイトライフを応援
環境goo
暮らしの情報から企業の活動、国際的な動向まで、環境情報の総合サイト
日経goo
日経とgooのビジネス情報サイト
goo住宅・不動産
全国の不動産・賃貸情報から地域情報まで
gooヘルスケア
「うつ」は他人事と思っていませんか?
ビジネスgoo
低価格なASPグループウェア
gooサービス