プレジデントオンライン

子どもたちが自分を大切にできる社会

2016年12月3日

PRESIDENT Online 掲載

殺人事件の発生率世界一の国、中米のホンジュラスにはびこる。若者ギャング団「マラス」。それは極度な貧困や家庭崩壊から居場所を失い、ギャング団にぬくもりを見いだす少年たちがいる集団だった。開高健ノンフィクション賞受賞作『マラス 暴力に支配される少年たち』を著した工藤律子氏に聞いた。

■言葉に対して持つこだわり

――中米ホンジュラスにおける暴力に支配される少年たちという、重いテーマを扱っている。貧困と格差から死と隣り合わせの悪の道に走り、やがて更生をめざす彼らの姿をレポートしようとした理由は。

これまでもラテンアメリカでは、サンパウロに次ぐ大都会であるメキシコシティは何度も取材した。そこには極端な貧困から路上を棲家とせざるをえない「ストリートチルドレン」がいる。大学でスペイン語と中南米地域研究を学び、貧困層の問題に関心を抱いて彼らを追い始めてから、もう26年が経つ。しかしその間、グローバル経済の進行で貧困の差はより拡大している。

この本で取材の対象にした国はホンジュラス。首都テグシガルパや第二の年サン・ペドロ・スーラには、メキシコの麻薬カルテルとつながり、組織間抗争で殺し合いを続ける「マラス」と呼ばれる若者ギャング団が横行している。ここ数年、その脅し、暴力から逃れるためにメキシコを通って米国に不法入国しようとする未成年者が急増した。そんな彼らの中にも、貧困や孤独から脱するために「マラス」に属していた者も少なくない。

ラテンアメリカで出会う人たちは、ほとんどいつも、私の問いかけに懸命に答えようとしてくれる。それはギャングや犯罪歴を持つ少年たちも変わらない。そのことは私にとって魅力的だ。植民地時代からのキリスト教の影響かもしれないが、言葉にして表現することにこだわりを持っている気がする。誰もが意外なほど含蓄のある言い回しをする。

――きわめて興味深い登場人物にアンジェロがいる。工藤さんは「背の低いゴルゴ13」と描写しているが、悪のカリスマから一転し、プロテスタントの伝道師となる彼の生きざまはすごい。

彼はまだ「マラス」のような凶悪犯罪組織が一般化していなかった時代、11歳のときにギャング団に入っている。そして、持ち前の度胸と腕力でめきめきと頭角を現していく。テグシガルパを拠点に何度も強盗を繰り返し、いつしかギャング仲間全員からリスペクトされるようになった。それでも、本当の意味での悪には徹しきれない部分も持っていた。

街の中心部で、仲間と2人で車強盗をしていたときのことだ。アンジェロは運転席の側へ行ってドアを開け、運転手に銃を突きつけて「強盗だ、席を譲れ!」という。ドライバーが助手席に移ったところで、彼は後部座席に移動し、仲間がハンドルを握って車を発進させた。アンジェロは「おとなしくしないと、死ぬことになるぞ」と運転手を脅す。

ところが、その男は「私にとって、生きるとはキリストであり、死ぬことは利益なのです」と口にした。これは新約聖書に出てくる聖パウロの言葉で、キリストの愛を感じながら生き、死後は救世主のもとへ行けるので、何も恐れることはないという深い信仰から発している。その毅然とした態度に、アンジェロは圧倒され、車を降りるとき「俺のためにも祈ってくれよ」とつぶやく。

■信じるものがない人間ほどもろい

――このエピソードから感じたのは、中米の人たちの生き方の底流にキリスト教の教えが深く根づいているということ。アンジェロの更生からしても“神との邂逅“を抜きにしてはありえなかった気がする。

ラテンアメリカにおけるキリスト教は500年以上の歴史を持つ。そこに住む人たち個々の信仰形態はさまざまであっても、生まれたときから影響を受けているので、ほとんどの人が「いざ」というときには神を思い浮かべるようだ。私は特定の宗教を信仰しているわけではないが、アンジェロと話していると、神の存在があることによって絶望しないですむという場面を折に触れて感じた。

ところが日本では、子どもたちを含め宗教に関わったことのない人が多いと思う。だから、いじめなどで切羽詰まった状況になってしまうと、家族にも心配をかけたくないし、周囲の大人にも相談できず、状況を打開する解決策を得られなくなってしまう。何とか立ち直れる可能性もあるが、毎年多くの少年少女が苦しさから逃れるために自殺を選んでしまっている。でもアンジェロらラテンアメリカの若者の多くは、絶望の一歩手前で踏み止まる。

アンジェロはやがて、複数の強盗と殺人容疑で逮捕され、刑務所送りとなってしまう。ここでも服役囚たちのドンとして君臨していたのだが、ある人物との出会いが彼を変えていく。それは元革命ゲリラの伝道師だった。雄弁で説得力のある説教に触発されたアンジェロは回心し、神とともに歩む決意をした。

本にも書いたが、極限まで追い詰められた人の心を救うのは、自らの信念もしくは、何かしらの信仰なのかもしれない。信じるものがない人間ほど、もろいものはない。自分自身も誰も深くは信じられず、救われる方法はどこにもないと感じたとき、人は生を放棄する。だが、そこに信仰があれば、かすかでも希望が残る。ラテンアメリカの貧しい人々に接していると、そんな気がする。

――アンジェロが「どんな罪人も、私の姿を見れば、神はどんな人間でも変えることができるとわかるはずです。罪を犯した者でも、生まれ変わることは可能なのです」と胸を張る場面は感動的だ。

私自身、この「生まれ変わることは可能」という言葉が好き。近年、“変革”をテーマに取材活動を続けてきたのも、そんな変革への道を、可能性を見出したいからにほかならない。ホンジュラス国内では、きょうも多くの若者たちが命を落としている。しかし、現地で子どもと若者のために活動する複数のNGOや聖職者のように、「マラス」の少年たちの人生を変えようとしている人たちは存在する。決して夢物語ではなく、彼らに手を差し伸べることで、現実を変えることはできると思う。

ラテンギャングの少年たちを取材して感じたのは、彼らが周囲から認められること、尊敬を求めているということだ。けれども現実には、恐怖心によって相手を服従させているだけで、それをリスペクトだと勘違いしている。自らを肯定し、世に自分の存在意義を見いだす手段が、「マラス」に入ることしかないからだ。アイデンティティを求めて彷徨っている。

日本にしても同じだろう。子どもや若者たちはやはり、自分の存在価値を認めてもらいたいと思っている。だから、世間がいう良い進学や就職に失敗したりすると、「私はダメだ」と落ち込んでしまう。いろいろな人生があっていいとは思えないのだ。ホンジュラスでも日本でも、子どもたちに夢を取り戻すには、大人が立ち上がり、社会を変えなければ。どんな子どもでも自分を大切にし、自分を肯定できる社会をつくらないといけない。

----------

ジャーナリスト 工藤律子(くどう・りつこ)
1963年大阪生まれ。東京外国大学大学院地域研究研究科修士課程在籍中より、メキシコの貧困層の生活改善運動を研究し、フリーのジャーナリストとして取材活動を始める。主なフィールドはスペイン語圏、フィリピン。NGO「ストリートチルドレンを考える会」共同代表。著書に『仲間と誇りと夢と』『ストリートチルドレン』『ルポ 雇用なしで生きる』などがある。

----------

(ジャーナリスト 工藤律子 取材・文=岡村繁雄)


■プレジデントオンラインのイチオシ記事
なぜ「トランプ大統領」は世界中の恐怖の的なのか
生まれも育ちも自分の国「ホームグロウン・テロ」の脅威
「奇跡の公立高校」ロンドン貧困エリアで、7割の生徒が難関大学を狙う!

Copyright(C) 2017 プレジデント社

プレジデントオンライン  


gooビジネスEXについて
RSS
サービス案内
サイトマップ
コラム提供元一覧
プレスリリース提供元一覧NEW
新着ニュースリリースRSS
企業情報(約2,000社)追加
新着・おすすめ
ニューズウィークニューズウィークNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集をしてお届け
MONEYzineMONEYzine株式投資やFX、税金、経済知識、節約術まで、最新の話題を気鋭の執筆陣がわかりやすく解説
MarkeZineMarkeZineネットマーケティングとコミュニケーションの最前線を豊富な記事やニュースで多角的に紹介
WirelessWire NewsWirelessWire News世界のモバイル/テレコム状況を正確に捉えることで、新しいマーケットを再構築するためのヒントをタイムリーにご提供
FOOD STADIUM ニュースFOOD STADIUM ニュース東京の飲食トレンド、アーリーステージの飲食店経営者、飲食店に関わる 全てのクリエイターに役に立つ情報を発信
ニューストピックス
gooオススメ
goo節電・電力
最新の電力に関わるニュース、節電方法をお届け
goo自動車&バイク
中古車 中古バイク 新車情報 自動車ニュース
goo進学&資格
資格取得や趣味の講座など幅広い「学ぶ」情報を掲載
goo求人&転職
あなたの転職活動、バイトライフを応援
環境goo
暮らしの情報から企業の活動、国際的な動向まで、環境情報の総合サイト
日経goo
日経とgooのビジネス情報サイト
goo住宅・不動産
全国の不動産・賃貸情報から地域情報まで
gooヘルスケア
「うつ」は他人事と思っていませんか?
ビジネスgoo
低価格なASPグループウェア
gooサービス